お知らせ

各位
2021年12月13日
アルヒ株式会社

ハイブリッド・ローンによる資金調達のお知らせ

 当社は、本日付でハイブリッド・ローン(以下、「本ローン」といいます。)による70億円の資金調達に関する契約を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.本ローンの目的
 当社は、「住宅ローン事業」、「不動産関連事業」(居住用)および「コンシューマーサービス事業」の3つをコア事業と位置付け、各事業間のシナジーを実現するとともに、住み替えに関する全てのサービスと商品をワンストップで提供する「住み替えカンパニー」への進化を目指しています。
 その実現に向け、今後更なる持続的な成長を可能とする事業戦略の遂行、財務体質の強化並びに資本効率の維持・向上を図るために、本ローンを契約締結するに至りました。本ローンは、長期性資金を非常に低利で調達するものであり、当社事業に対する安定的な資金手当てを目的としています。

2.本ローンの特徴
 本ローンは、資本と負債の中間的な性質を持ち、負債でありながら、利息の任意繰延、超長期の返済期限、倒産手続き等における劣後性など、資本に類似した性質および特徴を有しています。そのため、契約締結日の2021年12月13日に、株式会社日本格付研究所から資金調達額に対して50%の資本性の認定を受けており、株式の希薄化なしに実質的な財務体質の強化に寄与します。

3.本ローンの概要

(1)調達金額
70億円

(2)契約締結日
2021年12月13日

(3)借入実行日
2021年12月17日

(4)弁済期日
2058年12月17日
ただし、2028年12月に到来する利払日およびそれ以降の各利払日において元本の全部または一部を期限前弁済することができます。(以下、「利払日期限前弁済」といいます。)

(5)資金使途
運転資金

(6)借換制限条項
当社は、期限前弁済日以前12ヶ月間に普通株式または本ローンと同等の資本性を有するものと格付機関から認められた証券もしくは債務により資金を調達していない限り、本ローンの期限前弁済を行わないことを意図しています。
なお、利払日期限前弁済時において、以下のいずれの要件も充足している場合には、上記の資金調達を見送る可能性があります。
①利払日期限前弁済を行う日の直前の当社の連結貸借対照表における連結株主資本金額が、34,462百万円を上回る場合。
②利払日期限前弁済を行う日の直前の当社の連結および単体貸借対照表から計算されるネットデット・エクイティ・レシオ(以下に定める算式で計算される数値をいう。)が1.0倍を下回る場合。
ネットデット・エクイティ・レシオ={借入債務(連結)-(現金および現金同等物(連結)-預り金(連結))-営業貸付金(単体)}/資本合計(連結))

(7)利息の任意停止
当社は、その裁量により、本ローンの利息の全部または一部の支払いを繰り延べることができます。繰り延べられた利息は累積いたします。

(8)劣後特約
本ローンは、清算手続、破産手続、会社更生手続および民事再生手続(日本法によらない清算手続、破産手続、会社更生手続および民事再生手続を含む。)において劣後性を有します。
本ローンに係る契約の各条項は、いかなる意味においても上位債務の債権者に対して不利益を及ぼす内容に変更されません。

(9)格付機関による資本性評価
資本性「中・50%」を取得(株式会社日本格付研究所)

以上

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

https://www.aruhi-group.co.jp/contact