ビジネスモデル

当社は、2021年5月11日、ARUHIの第二創業と位置付ける「中期経営計画2021(2022年3月期から2026年3月期)」を決定しました。

探す・買う・暮らすをお手伝いする
住み替えカンパニーへの進化

ARUHIは、「住宅ローンカンパニー」から総合的な「住み替えカンパニー」への進化を目指し、「住宅ローン事業」に加え、「不動産事業(居住用)」と住み替えに関する「コンシューマーサービス事業」をARUHIの3つのコア事業と位置付け、各事業間のシナジーを実現します。街・家探しから住宅の購入、住宅ローンや保険のサポート、住み替え後の日々の暮らしまでシームレスなワンストップサービスを提供することで、お客さまにフォーカスしたコンシューマーブランドを目指します。

従来のビジネスモデル
マルチプラットフォーマー
新しいビジネスモデル
コンシューマーブランド

3つのコア事業領域

コンシューマーブランドとしての3つの事業領域:CUSTOMER JOURNEY とともに

住宅ローン事業

融資実行件数の年平均成長率15.8%を実現することで、2026年3月期に融資実行金額を2021年3月期の2倍である1.6兆円を目指します。不動産事業やコンシューマーサービス事業と連携、住み替えニーズの取り込みやバンドル戦略による差別化等により更なるシェア拡大を目指します。また、地域支社を設立、お客さまのニーズをよりきめ細かくサポートする営業体制を新たに構築します。

不動産事業

住宅ローン事業に次ぐ第二の収益の柱として本格始動します。人生のさまざまなライフステージで住み替えを希望するお客さまに、ご検討の初期段階からお手伝いします。お客さまのライフスタイルに合った街・物件・資金計画など具体的な方法を一括提案する住み替えコンシェルジュ事業や、ライフスタイルに合うベストな街や家をAIが提案する「パーソナル住みやすい街」アプリの開発など、いままでにない新たなサービスを展開します。

※取り扱う物件は居住用物件となります。

コンシューマーサービス事業

お客さまにARUHIの住宅ローンをお選びいただいた際、お得な引越しやカーリースなど、住宅購入時や購入後の新生活に必要な優待サービスをご提供します。不動産事業や住宅ローン事業へのシナジー貢献に加え、独立した収益源としての事業化を推進します。

各事業間のシナジー

3つの事業がシナジーを実現

従来のコア事業である住宅ローン事業は、独自の成長に加え、新たなコア事業である不動産事業とコンシューマーサービス事業からの送客により、更なる収益増加が可能になります。

ESG方針と同期した経営

ARUHIは、住宅ローン事業、不動産事業、コンシューマーサービス事業を展開する上で、ESGにも本格的に取り組んでまいります。一例として、「本当に住みやすい街大賞」の活用や日本初のグリーンRMBS(※)の発行などを通じ、地域活性化、空き家対策、中古住宅や省エネ住宅市場の活性化等を推進します。コーポレートガバナンス・コードを遵守した経営を推進するとともに、コンプライアンス体制を更に強化いたします。

ESG

Environment

環境

Social

社会

Governance

企業統治
「住みやすい街大賞」を軸に、街づくり、住み替えを推進
自治体や地元企業と連携。空き家対策などにも取り組み、地域活性化を通じて社会に貢献