サステナビリティ

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する
基本的な考え方

  • (1) 株主の権利に配慮し、権利を適切に行使する環境の整備を行います。また、持続的な成長や企業価値の向上のため、株主総会及びその他の機会を活用し、積極的に対話を行います。
  • (2) 取締役会等は、株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、企業戦略等大きな方向性を示し、適切な執行のリスクテイクを支えるとともに、実効性の高い監督を行います。
  • (3) 永続的な企業価値の向上のため、お客さま・従業員・取引先・債権者・地域社会等の様々なステークホルダーと協働し相互の利益や価値を尊重します。
  • (4) 会社の経営成績及び財政状態だけでなく、非財務情報としての経営戦略・経営課題、リスクやガバナンスについて積極的に開示し、情報提供の充実による透明性の高い経営を行います。

人事報酬委員会の設置

役員の人事・報酬決定の透明性を確保するため、取締役会の諮問機関として、社外取締役を中心とした、人事報酬委員会を設置しています。

取締役会の実効性向上

コーポレート・ガバナンスの要である取締役会の実効性向上に向けた課題を明らかにし、改善を図ることを目的として、以下のプロセスを通じた実効性評価を行っています。

  1. 1

    評価計画

    取締役会関連文書の分析や役員へのヒアリングを通じ、運営状況を把握

  2. 2

    サーベイ

    アンケートによる自己評価を中心に、役員の意見を取りまとめる

  3. 3

    課題抽出

    サーベイの結果を分析、他社事例や各種制度改正も参考に課題を抽出

  4. 4

    報告

    評価の結果、課題を取締役会に報告するとともに次年度以降のアクションプランを策定

  5. 5

    アクションプラン実施

    アクションプランを実施し、よりよい取締役会運営とガバナンスの強化を図る

独立社外取締役の登用

ARUHIの取締役会は、業務執行取締役が過半数を占めることのないガバナンス体制 (社内3:社外3)で運営を行っています。
独立社外取締役は、事業会社の経営者や企業統治推進の有識者など幅広い経験と知識を有しているメンバーで構成されており、透明性の高い事業運営を心がけています。

スキル・マトリックス

取締役候補者の選定にあたっては、知識・経験・能力等を一覧化したスキル・マトリックスの策定を行い、全体のバランスを考慮しております。これにより、経営戦略に適合し、かつ実効性のある取締役会の運営が実現しています。

氏名 役職 社外 企業経営 財務・会計・
ファイナンス
マーケティング・
営業
テクノロジー 国際性 人事・労務 法務・
コンプライアンス
ガバナンス・
リスクマネジメント
人事報酬委員会
浜田 宏 代表取締役
勝屋 敏彦 代表取締役
松本 康子 取締役
井手 登喜子 取締役
火浦 俊彦 取締役
大信田 博之 取締役
原田 裕司 常勤監査役
今村 誠 監査役
中野 竹司 監査役
上野 光正 監査役
  • 上記は、各人の有するスキルのうち、主なもの3つに●印をつけております。各人の有するすべてのスキル・能力・その他の知見を表しているものではありません。

ガバナンス体制

ARUHIのガバナンス体制は以下のとおりです。

なお、取締役会は業務執行取締役が過半数を占めることのないガバナンス体制(社内3:社外3)となっており、監督機能を十分に発揮できる構成となっています。

ガバナンス体制