ESG方針
”ARUHIのサステナビリティ”

”ARUHIのサステナビリティ”

2020年、未曾有のチャレンジを受けた世界。心が変わる、考えが変わる、生活が変わります。
そしてパンデミック後のサステナブルな社会に向けて、ARUHIはその事業を「住み替えカンパニー」として
真にパーパスドリブンなものに進化させていきます。

1事業活動を通じ、社会課題解決へ貢献します
私たちは、住み替えにより新しい家を買いたい、人生を変えたいと思ったお客さまにワンストップでさまざまな商品・サービスを提供することで、既存住宅ストックと地域の活性を促し、誰もが自分らしい生活ができる持続可能な社会の実現を目指しています。
2ステークホルダー・コミュニケーションを推進します
ステークホルダーのみなさまと、日々の仕事やPR・IRなど様々な活動を通じ、トランスペアレントなコミュニケーションを図ります。また社員ひとりひとりの仕事や地域貢献を通じて、社会課題解決に貢献し、社会や環境にプラスの影響を与えることを目指しています。
3リスク管理・コンプライアンスの徹底を図ります
法令遵守や企業倫理の徹底などのコンプライアンス責任を全うし、さらに社会や環境に負の影響を与える可能性のある企業活動のリスク軽減にも積極的に取り組んでいます。

サステナビリティマネジメント

サステナビリティ課題とその課題に対する取り組み目標は以下のプロセスを経て決定しています。

  1. 1

    課題の抽出

    CEOを中心としたESGタスクフォースにて、社会問題や当社事業を取り巻く状況を分析し、社会的課題を広範囲に抽出する

  2. 2

    目標設定

    当社が事業を通じて環境や社会に与えるインパクト、各事業とサステナビリティ課題との関連性、ステークホルダーから見た企業価値への影響等を分析・検討し、優先順位づけと目標設定を行う

  3. 3

    取り組みの実施

    各目標の主担当となる事業部門において、部門業務計画の一環として取り組みを実施する

  4. 4

    社内外のステークホルダーへの発信

    お客さまや投資家のみなさまに取り組みの進捗状況を発信する
    また、各事業部門にサステナビリティ重要課題と目標を周知し、進捗状況の報告を受ける

  5. 5

    振り返り

    進捗状況や社内外のステークホルダーの反応を基に、サステナビリティ推進の方針や課題について振り返りを行う

サステナビリティ推進体制

当社は、CEOを中心としたESGタスクフォースを設置しています。タスクフォースは、中長期的な視点で自社と社会のサステナビリティの動向をとらえ、自社が解決すべきサステナビリティ重要課題を設定し、全社で解決していくための推進機能を担っており、また、取締役会に対し定期的に進捗状況の報告や課題解決に向け決定すべき事項の上程を行い、経営陣と課題およびその進捗状況の共有を行っています。

取締役会は、サステナビリティの取り組みに対し企業価値向上の観点からの助言を行い、事業部門はサステナビリティ課題解決に取り組み、全社で課題の解決を進めていきます。