プレスリリース

各位
2021年11月11日
アルヒ株式会社

あなたの“本当に住みやすい街”をAIで提案する
Webサービス「TownU(タウニュー)」の提供を開始

 アルヒ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長CEO:浜田 宏、以下 ARUHI)は、2021年11月11日(木)より、一人ひとりのライフスタイルや価値観に合った“本当に住みやすい街”をAI技術を用いて提案するWebサービス、「TownU(タウニュー)」(以下 TownU)の提供を開始します。※1

 新型コロナウイルスの流行もあり在宅勤務を導入する企業が増加し、人々のライフスタイルは変化しつつあります。これに伴い、住みやすい街や家に対する価値観も多様化しています。そうした環境変化を背景に、お客さま一人ひとりに合った街を提案し、よりスムーズな家探しをサポートすることを目的として「TownU」を開発しました。

 「TownU」URL: https://townu.jp/

 「TownU」には、お客さま情報、今住んでいる街の評価、住む街に求めるこだわり条件等を入力・選択することで、一人ひとりに合った街をAI技術を用いて提案する「街診断」と、駅名や路線名を入力することで、その街の情報や実際に住んでいる人の口コミを確認することができる「街情報」の2つの機能があります。
 住宅購入にあたり、多くの方はまずなじみがある街や自分の生活圏内の街から探すのが一般的ですが、「TownU」をご利用いただくことで、自分のライフスタイルに合った街を当初の選択肢より広範囲なエリアから見つけることが可能となります。

◆「街診断」
 「街診断」は、お客さま情報(家族構成・年代など)、今住んでいる街の評価、住む街に求めるこだわり条件(通勤の利便性・子育て環境など)を入力・選択することで、お客さまにとって"本当に住みやすい街"を1位から3位までランキング形式※2でご提案します。お客さまにご入力・ご選択いただいた情報と、総務省や文部科学省をはじめとした省庁が公開している統計情報や不動産相場、ARUHIが持つ住宅ローン申込者の情報等をベースにAI技術を用いて“本当に住みやすい街”を診断します。

<「街診断」で分かること>

・本当に住みやすい街ベスト3※2
・勤務地や実家の最寄り駅までの所要時間
・お客さまのこだわり条件に合わせた街の評価
・お客さまにとってのおすすめポイント 等

◆「街情報」
 街の施設情報を「子育て・教育環境(保育園や学校情報など)」や「生活利便性(スーパーや銀行情報など)」、「安全性(災害避難場所、洪水浸水想定区域)」などの項目ごとに地図上で絞り込み、周辺施設等を表示することができます。
また、その街の口コミ情報、家賃相場をはじめとした不動産情報を掲載しています。加えて、ARUHIの住宅ローン申込データをもとに算出した住宅ローンの平均金額を掲載しているため、住宅購入の際の目安となります。検索の際は、駅名や路線での検索に加え、地図を操作することで気になるエリアの街を探すことも可能です。

<「街情報」で分かること>

・街の口コミ情報
・街に住んでいる人の平均年収(「TownU」の会員登録をされた方のみ閲覧可能)
・街の新築中古マンション相場などの不動産相場
・街にある小中学校の数 等

 ARUHIは、住宅ローン融資実行データをもとに、各地域の“本当に住みやすい街” を住宅評論家らとともに選定しランキング形式で発表する、『本当に住みやすい街大賞』を2017年より開催しています。ランクインした街のさらなる認知拡大や地域活性化に寄与することで、SDGs目標の一つである「住み続けられるまちづくりを」への貢献を目指しています。
 また、ARUHIは、ESG視点の経営優先テーマ「マテリアリティ(重要課題)」の一つに、「自分らしい豊かでサステナブルなライフスタイルの提案」を掲げています。「TownU」の提供を通じ、一人ひとりに合った“本当に住みやすい街”を提案することで、自分らしい豊かな生活の実現をサポートしてまいります。

 今後も、ARUHIは住宅ローンを中心に、住み替えに関わるあらゆるシーンでお客さまにご満足いただける魅力的な商品の提供やサービスの強化に努めてまいります。また、住みたい街や家探し、住宅ローン手続きのDX化を推進することで、住み替えにおけるお客さまの負担軽減を目指してまいります。

※1 「TownU」の対象エリアは、一都四県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の一部です。
※2 ランキング1位および2位の情報をご覧いただくためには、「TownU」の会員登録(無料)が必要です。

本件に関するお問い合わせ先
https://www.aruhi-group.co.jp/contact