システム部長 2013年入社 西田 哲

転職したきっかけ、
ARUHIに決めたポイント

以前はシステム会社でSEをやり、その後システム・コンサルタントをしていました。そのとき思ったんです。システムを作り上げて売るのが仕事なので、実はシステムに頼らなくても解決できるケースがあっても「そのシステムはいりませんね」とは言えないんです(笑)。これがキッカケのすべてではありませんが、次はある意味フェアな判断ができる立場で、事業の成長に役立つことがしたいなと考え、この会社に転職しました。

入社後の経歴と現在の担当業務

自分の強みをそのまま活かして、会社内のすべてのシステムを担当しています。経験者ということもあり、いまは部長としてチームを抱えています。現在の担当業務は、業務改善や効率化に役立つ社内システムの企画・発注・運用から、新商品が開発されたときなどは、エンドユーザー向けのサービスに関するITシステムの企画なども担当しています。もちろん、電話からパソコンなど機器すべてを管理し、トラブル対応やセキュリティ対策なども行っています。また、これからは機材調達もすべて自社でやっていく必要がありますので、そこも担当しています。

ARUHIに入社して、変わったこと

一言で言って"スピード"ですね。この会社は大企業ではありません。コンパクトで、ベンチャー気質もあり、意思決定のスピードも速い。結構大事なシステムも、立ち話で決まるぐらいのスピード感です。例えば、本来システム構築は何カ月も掛かるのに「これ、明日までにできない?」とか、とにかくスピードを求められます。もちろん、無理なものは無理ですけど(笑)。それというのも、部署を超えてものを言いやすいですし、いわゆる風通しがいいからだと思います。おかげで、スピードが身に付いた、というわけです。

今後の目標、キャリアビジョン

まだまだシステムで解決できる課題は山ほどあります。社内だけでなく、お客さま向けの来店予約やローンシミュレーションなど、新しいシステムのコンセプトづくりから企画・開発、そして運用をどうしていくかなど、チャレンジしていくことがたくさんあります。これらを会社の成長に役立つように仕立てていかなくてはなりませんし、お客さまにとってもわくわくするようなシステムにしていかないといけません。ここにやりがいと面白さがあります。私の部署は、黒子的な存在ですが、幸い、自分の権限と裁量で進められることが多いので、どんどん攻めていきたいですね。

わたしにとっての「ARUHI」とは

チャレンジングな環境がある。と言えます。だから、安定より変化を求める人、決まってないことがうれしい、と思える人に向いていると思っています。うちは成長過程にある会社ですから、そういう意味でも、チャレンジのやりがいがあるのです。また、大企業では人間関係を作るのが大変ですが、この会社は意味もなく反対する人も、威張り散らす人もいないし、なにより活気があります。もう少し、属人性を減らして仕組み作りを進めてもいいとは思いますけど、働きやすい環境というのは、この会社のいいところだと思っています。

※インタビュー当時の情報をもとに掲載しています。