ARUHI

  • VOICE1
  • VOICE2
  • VOICE3
  • 戻る
マーケティング部 副部長 山本 忠寛 2015年入社

転職したきっかけ、ARUHIに決めたポイント

元々はWEB系の開発会社や事業会社で、システム開発や新規サービス立ち上げなどWEBプロデューサー業務をやってました。何回か転職はしてるんですが、ずっとWEB系の会社で働いてたので、何らかの事業会社でWEBで新しい事に取り組みたいなと漠然と思うようになりました。
そんな時に社名変更したばかりのARUHIからお声掛けを頂き、住宅ローンのリーディングカンパニーから住生活の領域へ事業を拡大しようとしてるところや、過去の住宅ローン情報を活かした家探しサービスを立ち上げようとしてるところなど、今後の会社の目指すビジョンに魅力を感じ、転職を決意しました。

入社後の経歴

入社して、まずは家探しサービス「イエトヒト」の立ち上げやサービス企画を進めるのがミッションだったのですが、プラスして会社のマーケティング全般を担当することにもなりました。WEBの事業会社等でマーケティングスキルも身に付けていたので、その辺りを期待されいたってのもあったと思います。その後、会社の体制強化もあり、現在はイエトヒトなどのWEBサービスやWEBマーケティング全般を担当してます。

現在の担当業務

現在はイエトヒトのサービス企画や今後の戦略だけでなく、ARUHIのサービスサイト制作や各種プロモーション施策などを検討し、部のメンバーと一緒に業務に取り組んでます。
各WEBサービスやWEBサイトを単体で考えるのでなく、今後会社が目指す方向性の中で、WEBサービスやWEBマーケティングなどWEBの領域全体で、会社にどのように貢献していくかを考え、具現化していくのが自分の一番のミッションだと思ってます。

ARUHIに入社して、変わったこと

WEBとリアルの世界観です。今まではWEBの領域で業務をしてましたが、弊社が扱ってる商品は住宅ローンという特性のあるものですし、弊社は全国にフランチャイズ展開してる店舗で住宅ローンに関する相談や申し込みを承ってます。なので、WEBの世界だけではクローズ出来ないですし、住宅ローンは金額も高く、手続きも非常に複雑です。
WEBとリアルの双方のメリットを活かし、お客様にとって最適なサービス提供が出来ればと思ってます。

今後の目標、キャリアビジョン

まずはARUHIでイエトヒトを誰もが知ってるようなWEBサービスに育てたいと思ってます。その先で自らの手でゼロベースの新規事業を立ち上げたいです。ただ立ち上げるだけでなく、収益化していくという結果を出すところまで自分でやりたいです。

わたしにとっての「ARUHI」とは

住生活の領域に挑戦できる環境は揃ってる会社だと思いますし、比較的柔軟に新しい事にも挑戦させてくれる会社ですので、あとは自分がどの様に結果を出すかだと思ってますので、仕事のやりがいはある会社だと思います。
また、自分はメンバーを管理する立場でもあるので、自分の持ってるスキルは出来るだけメンバーに教えてあげたいですし、メンバーがやりたい事はやらせてあげる様にサポートしたいと思います。

※インタビュー当時の情報をもとに掲載しています。

ページの先頭へ