ARUHI

  • 沿革
  • 電子公告
  • 戻る

沿革

2001年5月
日本初のモーゲージバンク(証券化を資金調達手段とした住宅ローン貸出専門の金融機関)として30年全期間固定金利住宅ローン「グッド住宅ローン」の取扱開始
2001年11月
日本初のインターネットによる繰上返済サービス開始
2004年4月
SBIモーゲージ・コンサルティング(株)で、日本初のモーゲージブローカー(複数金融機関への住宅ローン取り次ぎサービス)を開始
2004年12月
住宅金融公庫と提携し、長期固定金利住宅ローン【フラット35】の取扱開始
2005年5月
商号をSBIモーゲージ株式会社に変更
2005年9月
住宅ローン残高1,000億円突破
2005年12月
日本初の団体信用就業不能保障保険付住宅ローン取扱開始
SBIモーゲージ・コンサルティング(株)で、複数の保険会社の保険代理店業務開始
(生保10社、損保7社)
2006年4月
SBIモーゲージ・コンサルティング株式会社と合併
2006年9月
生命保険代理店との提携により、日本初の本格的な住宅ローン代理店制度を構築
2006年10月
日本初の証券化による全期間固定金利の投資用不動産ローンの取扱開始
2006年11月
8疾病保障特約付住宅ローンの取扱開始、
住宅金融公庫提携のフラット35では日本で初めての付帯可能商品
2007年5月
業界最低水準の固定金利特約型・変動金利型住宅ローン販売開始
2008年3月
【フラット35】(買取型)をご利用のお客様に対する、インターネットによる繰上返済サービスを開始
2008年9月
モーゲージバンクとして日本初となる、銀行代理業許可を取得
2009年7月
様々な金融商品をワンストップで提供する「SBI住宅ローン/SBIマネープラザ」1号店を柏市にオープン
住宅金融支援機構より【フラット35】販売促進に関する感謝状を受領
2010年6月
政策金融機関のオンラインシステムとAPI連携したクラウドシステムを構築
2010年12月
SBI住宅ローンショップ100店舗突破
2011年8月
家賃返済特約付き【フラット35】の取扱開始
住宅ローン残高1兆円突破
2012年4月
日本初の韓国取引所有価証券市場(KOSPI)への上場を実現
(2015年2月カーライル・グループ傘下入りに伴い上場廃止)
2012年7月
SBIフラットリフォームの取扱開始、住宅金融支援機構の住宅融資保険を活用したものでは日本で初めてのリフォーム用パッケージローン
2013年10月
株式取得によりSBIリース株式会社を連結子会社化
2014年7月
住宅ローン累計実行金額2兆5千億円突破
2014年6月
カーライル・グループに属する投資会社のCSMホールディングスが公開買い付けの開始を発表
2014年8月
CSMホールディングス株式会社が筆頭株主となる
2014年11月
日本の住宅ローンを分かりやすくするWebメディア「住宅ローンのほんとのところ」オープン 住宅ローン残高2兆円突破
2015年1月
マイページ登録30,000人突破
【フラット35】累計実行件数10万件突破
2015年3月
銀行代理業の開始
2015年5月
「アルヒ株式会社」に社名を変更
2015年7月
 
提携企業のサービスや商品の優待特典を提供する「ARUHI暮らしのサービス」を開始
2016年3月
住宅の購入者事例を元に家探しをサポートするWEBサービス「ARUHI家の検索」を開始
2016年10月
 
「ARUHIスーパーフラット」の取り扱いを開始
2016年11月
ソニー銀行の住宅ローンの取り扱いを開始、変動金利商品の取り扱いを拡充
2017年1月
日本初、RPAの活用によりARUHIの住宅ローン申込書の記入項目を大幅に削減

ページの先頭へ